洗車の素朴な疑問Vol1

車のボディーは何故汚れるの?

車は、外を走り、外に保管されるものだから汚れます。雨も不純物を含んでいますし、道路を走れば、前の車の跳ね上げた泥や埃も付着します。 排気ガスも汚れの原因です。 さらに道路で、アスファルトの溶けたものが付着して黒い点々の頑固な汚れがつくことがあります。ピッチタールと呼ばれていますが、専用のクリーナでなければ落ちないので頑固です。

参考 >> ピッチタールを完全除去する方法

コーティングしてれば大丈夫?

車はショールームに飾っておくわけではありませんので、手入れが不要になるということはありません。定期的な洗車やコーティングの作業は必要になります。ただ、何もしていない車とコーティングを施してある車では、洗車における洗浄の容易さや、塗装面の状態の維持に大きな差が出てきます。車は愛情をかけた分だけ答えてくれます。定期的に自分でコーティングしてみてはいかがでしょうか?

参考 >> 速攻コーティングシャンプーのGモード

新車のボディには何も塗ってないの?

新車がお客様の手に届くまでには、いくつかの過程を経ています。工場から出荷した車は保護剤を塗ったり保護シートを貼った状態で、各地の保管場所へ。ここでしばらく屋外駐車が基本です。当然汚れるため、納車前に販売ディーラーなどで納車用の洗車と業務用ワックスをかけるというのが通常でしょう。オプションなどでコーティングを頼んだ場合は、コーティングされて届きます。    

参考 >> ワックスのメリットとデメリット

アルミホイールは何故汚れるの?

アルミホイールの汚れは、ボディーに比べて頑固です。そして、付着する汚れにも違いがあります。例えば、ブレーキダスト。ブレーキダストとは、車のブレーキから発生するカスなのですが、これは高温でアルミホイールに付着します。温度が高いので、サビや頑固な付着の原因になります。

参考 >> アルミホイールの洗浄方法を写真と動画で解説